旅する即興ピアニストさっこのブログ

公務員辞めてピアノ弾いて好きなことして生きていく道を模索するさっこのブログです。

引っ越しの悩み…マットレスを安く送る方法を考えた

f:id:sakko_pf:20180419163620j:plain


こんばんはさっこ(@sacco_piano)です

 

突然ですが、私は今引っ越し作業の真っ最中です。ほんとは荷造りをしないとマズい状況なのですが、そんな現場からどうしてもお伝えしたいことがあったので今これを書いています。

 

ずばり、引っ越しの強敵 マットレス問題について

 

 





マットレス問題とは

マットレス問題をご存知ですか?

引っ越しの時期になると各地で頻発し、新生活への期待と不安から お金と気力を奪い取るマットレス問題。あまり馴染みのない方も多いかもしれません。なぜなら私が今命名したから。

 

マットレス問題についてざっくりと説明すると、


マットレスの送料がマットレス本体よりも高い
                                        
まだ全然使えるけど処分して新しいの買っちゃお



という事態が起こり、日本各地でエコじゃない状況が発生しちゃうという問題なのです。(補足ですが、今回はスプリング入りの分厚いマットレスを想定しています。)



私はいつも引越しに大和ホームコンビニエンスの単身引越しサービスを使っています。

ヤマトホームコンビニエンス | 単身引越しサービスの料金・内容

恐らくこの引越しサービスが単身向けでは一番安いです。


単身引越しサービスは 1ボックスあたりいくら という感じの料金設定なのですが、
マットレスはサイズ的にボックスに入りません。よってこれでは運べません。


かといって、スタッフさんに勧められる『家財宅急便』↓

ヤマトホームコンビニエンス | 家具家電配送・らくらく家財宅急便

を使うと一万円以上します。めちゃくちゃ高いです。



マットレスは大きいです。そのためかなりの送料がかかります。
しかしマットレス本体は割と安く売ってたりするのです。
ネットだとスプリング入りのマットレスでも6000円くらいで買えたりします。
(ケチケチしい話でごめんね。)

 

 
こうなってくるとわざわざ諭吉1枚以上もかけて送らなくても、
処分して新しいマットレス買うよなあ…という気がしてくるというものです。


実際にこう考える人は多いんじゃないでしょうか。
引越しシーズンは同じようなことを考えた人によって、各地で多くのマットレスが捨てられているんじゃないかと思います。


でもこの状況ってどう見てもエコじゃないですよね。
送料を理由に捨てられる哀れなマットレスを減らしたい…


そう思ったさっこは考えました。
とにかく送料を安くすればいいんだ と。


結論から言います。
マットレスを安く運ぶ方法はこれです。



マットレスを頑張って2つに折り畳みます

② 縛ってプチプチ等で梱包します

③「ヤマト便」で送ります



以上!なのですが、せっかくなので画像つきで解説します。
(※実際の引越し作業中に撮影したものです。リアルな感じです、綺麗なもんではありませんのでご了承ください。)


これを

f:id:sakko_pf:20180419181419j:plain

 

              
こうです

f:id:sakko_pf:20180419181421j:plain

きたない画像でごめんなさい!



あとはホームセンターとかで売ってるプチプチ(正式名が分からないけど伝わるよね?)で梱包してヤマトに集荷の依頼をするだけ!


私は今回この方法を使いました。
送料は確か2500円くらいだったはず。普通に送るのに比べたらすごく安いでしょ?



これならマットレス問題も解決できるはず。
無駄に捨てられるマットレスたちを救えるかもね。

 

 

 以上、さっこが考えた『マットレスを安く運ぶ方法』でした。
これからお引越しの人は是非お試しあれ!